【渡航前の手続き編#3】EMSの送り方

渡航前の手続き編

シンガポール 国立大学へ留学に行く際、留学生として登録してもらうために、留学許可証などの書類を先方へ送る必要がありました。

海外に書類を送る方法はいくつかありますが、私がその際に利用したのがEMSでした。

日本国内の宛先に送る時と同じようにできて簡単でしたが、いくつか気をつけておくと良いなと思った点があったので、まとめておきます。

EMSとは

そもそも、EMSとは国際郵便の一種で、国際スピード郵便のことをいいます。
120カ国以上の国に送ることが可能で、シンガポール などアジア地域であれば2日程度で送ることができます。ですが、荷物の内容によっては受け付けてくれない場合もあるので、そこもよく確認しておきましょう。
郵便局で手続きをすることが可能です。

日本郵便のホームページで、国際郵便の料金とかかる日数をシミュレーションすることができます。
下の表は、東京都からシンガポールに50g程度の書類を送った時のシミュレーション結果になります。

シミュレーション結果(参考:https://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/

料金は高くつきますが、最短日数でシンガポールに郵送することが可能です。

あまり急いでいなかったり、送るものの大きさが異なって来たりすると、航空便やeパケットの方が良い場合もあるので、検討のために一度このシミュレーションをしておくの良いと思います。

○日本郵便 料金・日数を調べる
https://www.post.japanpost.jp/cgi-charge/

また、最近はコロナウイルスの影響で遅延などが生じている可能性があるので、都度よく確認して、余裕を持って送付するのが良いでしょう。

EMSを送る際の手順と注意点

書類をシンガポールへ送付する場合に、こうしておいて良かったと思ったことや注意しておく点を手順に沿って順番に紹介していきます。

1. EMS書類送付用の封筒をはじめに用意しておく

EMS専用の封筒は郵便局で51円(マチなしタイプ)で購入することができます。

もちろん専用の封筒でなくても大丈夫ですし、送りたい書類をそのまま郵便局に持っていってその場で封筒を購入するのでも可能ですが、実際にやってみて、準備しておいて良かったと思いました。

EMS専用封筒は、中のものが濡れにくいような加工がしてある厚紙でできているので、今回のような大事な書類を送付する際には安心でした。
私は、念には念を入れて100均で買ったビニール製の書類ケースに書類を入れた上で専用封筒に入れて送りました。

今回は送付する書類に抜けがないかなど、よく確認しておく必要があったので、一旦家に封筒を持ち帰って、ラベルの記入漏れなども合わせて、ゆっくり確認しながら用意したかったので、あらかじめ用意しておいて個人的には良かったです…。
郵便局で後ろに誰かに並ばれるとどうしても気になって焦っちゃうんですよね…。

2. EMSラベルに記入する住所は番地や町名から

これは、EMSに限らず海外へ手紙や荷物を送るときはみんなそうなのですが、毎回宛名の書き方に自信がなくなるので、注意としてついでにまとめておきます。

※住所は日本郵便のサンプルのものを使わせてもらっています。(https://www.post.japanpost.jp/int/use/writing/ems.html

この図のように、まず名前を書き、その下に番地町名など、次に市や区の名前都市名を書き、最後に郵便番号を記入します。

電話番号なども漏れなく記入できたら封筒に貼り付けて郵便局に持っていきます。

3. 郵便局では現金支払いのみ

これは一回実際に郵便局でやらかしたのですが、郵便局では基本的に手数料や送料は全て現金支払いしか取り扱ってくれないそうです。

よく行かれる方には常識かもしれませんが、普段あまり利用しない方は気をつけてもらえればと思います。

窓口でEMSを送る旨を伝え、現金で送料を支払えばEMS送付の手続きは完了です。

まとめ

海外へEMS(国際スピード郵便)を送る方法について紹介しました。

今回は郵便局で送付する方法を紹介しましたが、私のような留学生の場合、学校から代わりにEMSを送ってくれる場合があります。
実は私も、日本の大学で用意した書類を送ってもらいました。
私の場合は、封筒だけ用意して、学校の指定の事務などでラベルを受け取り用意をしてそのままお願いすれば送ってもらえました。このやり方だと自分で送料を支払う必要もないので、一度学校の事務などに問い合わせてみるのが良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました