【渡航後手続き編#1】ICA Buildingでの学生ビザの受け取り

今回からは、シンガポールへ渡航した後の手続きについて書いていきたいと思います。

渡航後にまず絶対にやらなければならないのが、ICAのオフィスに行き、仮認証ではなく本物の学生ビザを受け取るということです。

この手続きはシンガポールへ入国してから1ヶ月以内に行う必要がある上、予約が必要で初めてだとなかなか大変に感じると思います。なので、出来るだけ丁寧に順を追って説明していきたいと思います。

目次

留学先の大学にて学生証を受け取る

まず、私がシンガポールに来て一番最初にしたのが、留学先の大学事務に行って学生証をもらうとともにICAで行う手続きについて案内を受けることでした。

手続きとか大変そうだし、何か間違えて認識していたとかあったら怖いので、とりあえず学校の人に聞いてみようと思って、まずは大学の学生サポートサイトで質問をし、確認をとりました。

すぐに事務の人からメールで返信が来て、まずは大学事務へ来てNUSの学生証を受け取ってから、ICAで手続きをしてと案内されたので、その通りにしました。

大学の事務室には、入り口に職員呼び出し用の電話が置いてあり、自分の要件を伝えて担当の職員を呼び出す必要がありました。留学3日目とかで英語で電話はかなり緊張しました…
無事に要件を伝えると、事務の人が出てきて、私のパスポートを確認した後に、学生証と今後の手続きの手順が書いてある紙を渡して、手続きについて説明してくれました。

大学事務でもらった手紙。大学のオンラインサービスやビザの手続き方法が書かれている。

e-AppointmentでICAに行く日時を決め、予約する

大学事務の人の説明によると、「e-AppointmentでICAに行く日にちに予約を取ってから、ICAへ必要書類を持って行ってください」とのことだったので、まずは予約をしました。

e-Appointmentというのは、ICAの公式ホームページでの予約サービスのことです。
ICAのオフィスに行って何か手続きをする必要がある時は、まずはこのサービスを使って都合の良い日を選んで予約をします。
下のリンクから飛べます。

○ICA| e-Appointment
https://eservices.ica.gov.sg/ibook/index.do

ページの下の方にある要件の中から、自分に合ったもの(私の場合は学生ビザの発行なので"Completion of Student's Pass Formalities")を選択します。

そうすると下の画像のページに移るので、そこでまた必要事項を入力していきます。

e-Appointment のページ画面の様子 (参考:https://eservices.ica.gov.sg/ibook/index.do)

入力し終わると、次のページで日にちを選択することができるので、好きな日にちを選んでsubmitを押して終了です。

必要書類を持ち、ICAへ

ICAで学生ビザを発行をするために必要な書類は、IPA Letterに記載されています。
IPA Letterについて知りたい方はこちらの記事で詳しく紹介しています。

memorandum.
【渡航前の手続き編#4】IPA Letterの取得方法 | memorandum. 今回は、シンガポールへの留学前の手続きで一番重要と言っても過言ではない、学生ビザの仮認証パス(IPA Letter)の取得方法について説明していきたいと思います。 この記...

持ち物は人によって若干異なってくると思うので、手続きをする時はよく自分のIPA Letterを読んでおいてください。
参考までに私の場合は、
・パスポート
・IPA Letter
・健康診断証明書
・規定の写真
・署名したeForm16
・署名した宣誓書(Terms & Conditions of STP)

でした。

1. ICAオフィスへの行き方

ICA本部オフィスは、ラベンダー駅の目の前にあります。

MRTラベンダー駅に降り立つと、改札のすぐそばの看板にICAの行き先を示した看板が出ていたので、迷うことはありませんでした。

ラベンダー駅の改札を出た時に見えた看板。ICAは右に曲がる。

ICA Buildingの位置も下に貼り付けておきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

このサイトの管理人。
東京の大学院に通う。
絵を描くことと、旅行が好き。
シンガポール国立大学への留学経験や
建築学生の就職活動などを
ゆるく紹介している。

コメント

コメントする

目次
閉じる