【シンガポール のおすすめカフェ#2】Baristart Coffee Singapore

滞在編

シンガポールのおすすめカフェシリーズ第2弾です!

今回紹介するのは、Baristart Coffee Singaporeというカフェです。
コロナの影響によって営業時間も変更されているようですので、それも含めてまとめていきたいと思います。

前回のカフェ紹介の記事はこちらです。

基本情報

この項では、所在地や営業時間などのカフェの基本情報についてまとめていきます。

所在地

住所: 65 Tras St, シンガポール 079004

MRT East West LineのTanjong Pagar駅から徒歩5~10分ほどです。

また、最寄りのバス停はTanjong Pagar Rd沿いのBef Craig RdAft Craig Rdという名前のバス停です。両方とも80番145番のバスが通っています。

(参考:Google MAP)

私は、住んでいた学生寮の最寄り駅が同じEast west LineのQueenstown駅だったので、MRTを利用して行きました。
カフェ周辺は可愛らしい外観の建物が立ち並んでいて、歩いているだけで楽しかったです!散策にオススメのエリアです。昼間は暑いので朝方に行くのをお勧めします。

車が画角に入ってしまっていまいちな写真ですが、カフェ周辺にはこのような可愛い建物が並んでいます。

営業時間

公式インスタグラムによると、時々開店時間を変更して営業しているようでした。
行く前に、公式インスタグラムかフェイスブックで最新の営業時間を確認するのが良いでしょう。

現在は、Phase2に移行したことを受けて、十分に感染症対策を取った上で営業を再開しているそうです。

2020/6/30現在の営業時間は9.00am-9.30pmです。
月曜日から日曜日まで同じ時間で営業しているようです。

メニューについて

食事の種類はそこまで多くありませんが、北海道産の食材を使い拘ったメニューが揃っています。

また、このお店の特徴と言えるのが、このシロクマのかき氷
コーヒー、北海道美瑛ミルク、抹茶など味も何種類かあります。

私も本当は食べてみたかったのですが、一人で食べきれる自信がなかったのでやめておきました😂

実際に食べたのは、たまごサンドとブラックアメリカンコーヒーでした。
たまごサンドのたまごは甘い日本風の卵焼きで、パンの裏側に塗ってあるマスタードと良い感じにマッチして、とっても美味しかったです。

お店のコンセプトが「北海道の味」だからか、全体的に日本人が好きそうなメニューだなと思いました。

たまごサンドとアメリカンコーヒー。ブランチにいただきました。

また、コロナの影響を受け、デリバリーサービスも始めたそうです。
かき氷などは流石にデリバリーでは注文できませんが、たまごサンドなどは注文できるようです。下にデリバリーサービスのURLを貼っておきます。

○Baristart Coffee Singapore | デリバリースタート
https://baristart.oddle.me/en_SG?fbclid=IwAR2CQW7KAFwBGa4pj41Bp148uav5rvg0XaQS2wUs3VJ7ZTZ1u3ojq_4pgWU

お店の雰囲気(2020年3月時点のレポート)

店内の様子

店内はそこまで広くないですが、全体的に明るく清潔な雰囲気で、良い気分で利用できました。開店してすぐの時間に行ったため、人が少なかったのも快適に感じた要因かもしれませんが、それを抜きにしても良い雰囲気だと思いました。

また、店員さんの態度は丁寧で、オーダーした食べ物が運ばれてくるのも早く、満足でした。

店内には自由に利用できるウォーターサーバーがあり、好きな時に自分で水を取りに行けるようになっていました。(もしかしたら今はやってないかもしれないです…)

まとめ

今回は、Tanjong Pgar駅の近くにある、Baristart Coffee Singaporeというカフェについて紹介しました!
日本食が好きな方、日本人の方にぜひ一度行ってもらいたいと思いました!

少しでも早く以前の状態に戻ってくれることを祈るばかりです。

この情報がすこしでも皆さんのお役に立てたのなら幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました