【渡航前の手続き編#5】ビザ取得のための健康診断

渡航前の手続き編

今回は、シンガポールへ6か月以上の長期滞在を考えている人向けの記事になります。
シンガポールへ1か月以上の長期滞在をする場合は、ビザの申請が必要です。特に6か月以上の滞在をするためには、ビザ申請時に指定の健康診断の結果をICAに提出する必要があります。

私も、1年間滞在する予定でしたので、ビザ取得時に健康診断を受けました。
その時の診断内容、健診のために行った病院について、健診費用についてなどまとめていきたいと思います。

シンガポールへの6か月以上の滞在には健康診断が必要

前述したように、シンガポールへの長期滞在には健診が必要です。
健診の内容は、

  • 胸部X線検査
  • HIV検査

の2つで、ICAの示すフォーマットに対して、診断結果を医師に記入してもらう必要があります。

ICAの健康診断のフォーマットはこんな感じ↓です。
参考リンクも以下に貼っておきます。

○ICA | MEDICAL REPORT
https://www.ica.gov.sg/docs/default-source/ica/files/docs/visitor_services_medicalreport.pdf

健康診断が受けられる病院

健康診断を現地で受けることも可能ですが、特に指定がない場合は、日本にいるうちに受診してしまった方が安心なので、おすすめです。

健康診断は、主にトラベルクリニックで受診することができます。
トラベルクリニックとは、海外渡航のための英文表記の健康診断証明書、予防接種などを主に取り扱っている病院です。

東京のみになってしまいますが、2つほど病院を紹介します。

1. 品川イーストクリニック

留学・サマースクールのためのビザ用英文診断書の作成を取り扱っています。
場合によっては当日受診と接種が可能です。
予約も当日までWEBできるので、利用しやすいです。

診察受付時間は、月曜日から金曜日まで
午前 10:30~14:00、午後 15:15~18:30です。

○品川イーストクリニック| 留学・ビザ・海外渡航などの健康診断
https://izavel.com/vaccine/medi_check/

2. 日比谷クリニック

こちらも、留学・ビザ用の診断書、予防接種を取り扱っています。
予約はWEBではなくまずは電話でします。電話にて予約をとった後に、指定のフォーマットなどを送付するためのメールアドレスを教えてくれます。

営業時間は、以下の通りです。HPに営業カレンダーを表示しているので、特に年末年始に受診する方は確認しておきましょう。
月曜~金曜:10:00~13:00(受付:12:30まで)/14:30~19:00(受付:18:30まで)
土曜   :10:00~13:00(予約制)(受付:12:30まで)
休業日:土曜午後・日曜・祝日・年末年始

○日比谷クリニック
https://hibiya-clinic.com/medical_certificate/

実際に受診してみた

私は、2番目に紹介した日比谷クリニックに健康診断書作成のために実際に行ってきました。
(受診したのは、2019年12月26日ですので、現在とは少し状況が変わっているところもあるかもしれません。ご了承ください。)

まず、予約のために電話で連絡を入れたのが、12/23でした。混雑状況によっては年始まで待たなければならないとも思っていたのですが、年内に受診することができました。

電話の対応も丁寧で、スムーズに来院日時を決めて、すぐにフォーマット送付のためのメール案内を送ってきてくれました。メールの案内にしたがってICAのフォーマットを病院に送付しました。

日比谷クリニックの予約フロー(参考:https://hibiya-clinic.com/medical_certificate/

当日の持ち物は、メールで送付したフォーマット原本とパスポートでした。

来院すると、まず受付の人にフォーマットとパスポートを渡して手続きをしてもらいます。その後5分くらいで、受ける検査の内容を確認され、検査場所へ移動します。

検査場所では、胸部X線検査を受けるために、専用のTシャツを渡されて、着替えるように言われます。着替えを済ませるとすぐに胸部X線検査の順番が来ました。

検査を終えると今度はHIV検査のための採血をされました。

採血を終えると、検査が終わりになるので、元の服に着替えてTシャツを返却します。
最後に小さな個室に呼ばれて、医師から問診を受けて健康診断は終了です。

全ての検査や問診が終わるまでに30分程度しかかかりませんでした。
検査のスムーズさは非常に満足でした。

しかし、割とシンプルな健診内容なのに価格がかなり高く感じました…
相場を知らないのでなんとも断言し難いですが…
確か1万7千円程度支払ったと思います。

診断書は検査を受けてから1週間程度で自宅へ送られてきました。年末年始でもう少し時間がかかると思ったのに、早めに受け取ることができて良かったです。

まとめ

今回は長期ビザ取得に必要な健康診断についてまとめました。

私は日比谷クリニックを利用しましたが、サービスとしては非常に満足でした。
価格が高いように感じたので、時間のある方は他のクリニックにも問い合わせて比較してから受診されるのが良いのではないかと思います。

※やっぱり留学前の手続きって不安だな…と思う方は

私は、留学に必要な手続きをほぼ全て自力で行い、留学エージェントなどを利用しませんでした。それでもどうにか留学することはできましたが、やっぱり不安は大きかったです。
最近知ったのですが、ラングペディアという、留学サポートサービスも存在するようです。
一人で手続きをするのはやっぱり不安に感じる方はこのようなサービスを利用してみるのも良いかと思います!下にバナーと簡単な紹介文を載せておきます。
興味のある方は下のロゴをクリックしてみてください。ラングペディアのHPに飛びます。

○Langpedia(ラングペディア)とは
語学学校に直接手続きできる個人手配・自己手配をサポートする留学サービスです。
234の提携学校が提供する789件のコース料金を一度に比較して、一人ひとりに合った語学学校を最安値でご案内しています。
ラングペディアとは、この課題を解決するために余計なサービスをすべて省き、純粋に各語学学校が提供するコース料金を提示して、比較・検索が行えます。各学校が不定期に行う期間限定プロモーション(割引キャンペーン)も、反映します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました