【滞在編実録#1】東京からシンガポールへ

滞在編実録

今までずっとやりたかったシリーズをやっと公開できました!!
このシリーズでは、今年の1月からのシンガポール国立大学へ交換留学した際の話を漫画にまとめていきます。
文章で紹介するだけだと、日記的なものはどうしても長文で冗長になってしまうので、この形式を採用してみました。
試行錯誤して、出来るだけ、「留学ってこんな感じなのか」「面白い」と思ってもらえるように頑張りたいと思います。

また、漫画内でも、出来るだけ有用な情報を共有できたらと思っています。

【滞在編】の方は、シンガポールに滞在する上での役立ち情報等を文章で解説して、
【滞在編実録】の方は、私が実際にどんな風に暮らしていたのかに焦点を当ててそれぞれ書いていきたいと思っています。

今回は、東京の実家からシンガポールのチャンギ国際空港に到着するまでです。

※補足!

東京からシンガポールへ行く便は土曜日の深夜便でした。
この漫画の通り、本当に電車に乗って羽田に向かっている最中に、私がその日留学に行く事を知っていた大学の同僚と幼馴染からLINEでメッセージが送られて来ました!
(実際のメッセージはもっと長文で丁寧でした)

正直不安も大きかったので、とても嬉しかったです。

その後無事に空港に、離陸の3時間前到着して、出国のための手続きをしています。
研究関連で国際便を使うことが多かったので、特に問題なくこなしています。
空港での手続きや荷造りについて詳しくは【滞在編】の方に書いています。

また、このシーンで仮認証パスと言って提出しているものは、このブログの他の記事でも解説しているIPA Letterのことです。

シンガポールに留学に行かれる方で、IPA Letterについて知りたい方は以下の記事で詳しく説明しているので、どうぞ。

また、JALを利用しての渡航だったのですが、JALのスタッフの方から本当に手書きのメッセージカードをもらっちゃいました。漫画的な脚色でもなく本当にです。
こちらが本物のカード。

ちなみに、入国審査の列でぼーっとして、自分の番が来ていることに気づかず、後ろの優しげなおじさまに声をかけてもらったのも本当です。

こんな調子で大丈夫なんだろうか。

次回は、空港から学生寮に行くのですが、その間にしょっぱなから結構やらかしています。次回も見ていただけると嬉しいです!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました